« 仕事ってどう選ぶの? | トップページ | 小ざさの幻の羊羹 »

2005年4月30日 (土)

タカダワタル的

昨日、店舗実習という名のアルバイトを終えて家に帰ると、
筑紫さんの番組で高田渡さんの追悼特集をやっていた。

私は数年前、大好きなラジオ番組ライブビートで彼を知った。
彼の息子、漣さんとの公開ライブのO.A.をきっかけに、
どんどんのめり込んでいった伝説のフォークシンガー(吉祥寺住人)だった。

彼はお酒と音楽が大好きで、ぽそぽそと歌う独り言のような歌は
どれもとても耳心地が良く、その内容にはいつも驚かされた。
吉祥寺でまた何かやるときは必ず見に行こうと思っていた矢先の、
あまりにも突然の訃報だったので、ものすごくショックで、本当に悲しい。

そんな悲しみの中、偶然なのか、急遽決定したのか、
今日から吉祥寺のサンロードにあるバウスシアター
彼のドキュメンタリー映画「タカダワタル的」が再び公開される。
ビデオを借りるにも見つけられず、ずっと気になっていた作品。
絶対観に行こうと思う。ちょっとお酒を飲んでから。
レイトショーで5月13日までです。皆さんも是非。
今日は監督さんの舞台挨拶もあるようです。

今日の1曲:ごあいさつ/高田渡

|

« 仕事ってどう選ぶの? | トップページ | 小ざさの幻の羊羹 »

コメント

是非いっしょに行きたいであります!

今日のお休みトラック:あたたかい月(コザック前田)

投稿: うぴ | 2005年5月 1日 (日) 01時08分

そう、ガガガが歌った「自衛隊に入ろう」の人です。
昨日のインタビューでそのことにも少し触れてたよ。
「あの時代は、あってはならないことだと思って歌ってた。
(自衛隊の宣伝をそのまま歌い伝える形で反抗してた)
今は状況が違う、だから今歌ってるのは意味が違う。」
というような内容だったと思う。
だから晩年はこの曲封印してたんだって。男気。。
酔っ払って答えてたけど、すごくかっこ良く見えたね。

投稿: あか | 2005年5月 1日 (日) 01時37分

自分の好きなアーティストが亡くなってしまうのは
つらいですね・・・
もう彼の音楽は生まれないんだと思うととても悲しいけど

 音楽はずーーーっと残りますからね。^^
そこがアーティストなんでしょうね

投稿: あるふぉんす | 2005年5月 1日 (日) 23時21分

あかいけいとさん、高田渡さんを知っていらっしゃるのですね。。。
神楽坂は妹が暮らしていた街なので、何回か行ったことがあります。
このブログを拝見しながら、うーーむと唸っています(笑)

投稿: ささら | 2005年5月 1日 (日) 23時29分

あるふぉんすさん
音楽家の形見分けがCDってわけですね。
そう考えると嬉しくなる。ありがとう!
最初から遠い存在でもこんなに悲しいのに、
これが身近な人だったら・・・と思うと、
歳を取るのが少し怖いです。

ささらさん
お久しぶりでありがとうです!
なぜ唸る!?嬉しくて?だといいけれど。
私は今運命のようなものを感じています・・・
ぜひ、また遊びに来て下さいませ!

投稿: あか | 2005年5月 2日 (月) 22時02分

こんばんわ。
ブログコメントありがとう御座いました。
少し前の記事になりますが。
高田渡さん死去のニュースのとこにコメントさせていただきます。
私、息子さん繋がりで、渡さんを知ったものですが。
本当に残念ですね。
某チャットで彼の音楽を流してくれる部屋があって、足しげく通っておりました。
一度は生で見てみたかった一人です。
ライブは生ものだといいますが、二の足を踏んでては見れないってことがありますよね。
ここぞという時に、いつでもみれっからという、甘い考えは最高の時を逃すことになりかねない。
渡氏の死去はそんなことを巻き起こしました私に。
ご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: だんぼ | 2005年7月 9日 (土) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101439/3920906

この記事へのトラックバック一覧です: タカダワタル的:

« 仕事ってどう選ぶの? | トップページ | 小ざさの幻の羊羹 »