« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年10月31日 (月)

ハースペ・ファーリーズ・モーサム

街行く人の洋服(の素材)が気になる秋の日々、
みなさん、いかがおすごしですか。
都会の少ない自然は変化に乏しいから淋しい。
秋なのに自然の色や匂いが大して増えていかないから
あっという間に冬になってしまう、気がする。
今日で10月も終わりか……。

そんな東京の秋を満喫したい!
鬱々した日常から抜け出したい!
そんな気持ちも込めて、10月はちょこちょこ生演奏を観に行った。

Her space holiday & The American Analog Set
&recordsというレーベルの2組による来日公演。
キラキラポップ&ヒップホップのハースペ、5人組熟練ポップバンドのアメリカン。
CDとはまた違う聞かせ方で両方ともすごく気持ち良かった! ずっとゆらゆら。
で、二人以上にこの& recordsがおすすめ。
ここから出てる音楽は、どれもこれも耳と心に優しい。
寝る時も、昼下がりも、へこんだ時もBGMになる。(していた。)
癒されたい人はここでいろいろ試聴してみてー。
オーガニックエレクトロ?のCLUE TO CALOも好き。

SUPER FURRY ANIMALS
イギリスはウェールズの大物奇天烈バンドの来日公演。
オープニング映像(ロッキーBGM)から観客をぐいぐい引き込み、
完璧な演奏と歌、見事なハーモニーと随所に練りこまれた遊び心で悩殺。
あまりSFAに詳しくないまま行ったけど、完全に好きになってしまった。
素晴らしいアーティスト。ライブでその真髄を見たぜ。

MO'SOME TONEBENDER
ニッポン放送、HEIWA REAL BEATの公開録音ライブ。
招待チケットのおこぼれのおこぼれに与る。なんてこと!!
初めて生で見て、聞いて、しびれまくった。身体も脳も耳も。
九州男児の男気と爆音にやられて、終演後は放心状態。
生で聞いたペチカは感動的で、やはり名曲だった。
ちなみにこのライブで百々ファンから武井ラブに転身。

見事に趣味バラバラなライブを存分に楽しんだから、11月も頑張ろ。
季節の変わり目、皆様風邪にはお気をつけ下さいませ。それでは!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年12月 »