« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月23日 (金)

toddle,sokabe,rei harakami

一足早いクリスマスプレゼントみたいな、ただライブ2連発。

幸運にも当選した公開録音、ライブビートのtoddleと曽我部恵一バンド@渋谷と
奇跡的にチケットを譲って頂いたレイハラカミライブ日本科学未来館

曽我部さんの生声が聞ける〜と思ってはがき出しただけなのに。
出てくるまで全く意識してなかった対バンにはびっくりした。
ひさ子ちゃんのバンドだったんだ。toddle。
田渕ひさ子が、目の前で、遠くを見つめて、ギター弾きながら歌ってた。
仰け反って揺さぶってかき鳴らして、それでも表情は変えず、変わらず。
違和感すら感じるその演奏姿に、惚れ惚れしてしまった。かっこよいね。
音はせつな系の美メロに轟音ギターでガシガシしてるのに
歌声は透明でかわいい感じ、はもりもきれいですてきだった。
セットが壊れてる間はさらに似つかず激ゆるトーク。
(いろんなギャップが魅力的な、仲良しバンドでした。)

曽我部恵一バンドはなんだかんだで2時間近く演奏した。
輝く笑顔で、でも太り気味、黒トレーナー、無精ひげの彼。
出てきた瞬間、元気が有り余った犯罪者みたいと感じた後は(ごめんなさい)
そのイメージが演奏中何度も浮かんでは消えた(怪しげな歌もあって尚更)。
でもやっぱり、この人の心地よい声が好きです。ほっとするのよね。
こちらは演奏するのがたまらなく好き、楽しいって雰囲気を
全員が前面に押し出して、観ている方も幸せになった。
目の前のベース(大塚さん)がすてきだった。
(動き回って、ふざけあって、コール&レスポンスしまくって、
サービス精神満点なバンドでした。)

ハラカミさんのは、世界一のプラネタリウム(MEGASTAR-2
で上映される番組「暗やみの色」の公開記念ライブだった。彼、音楽担当(!)。
プレミア上映は観られなかったけど、プレミアライブを観てきたよ。
暗がりで液晶の地球が回転する、その中で聞く彼の電子音楽。
半透明な優しい色が身体を包み込んで、何ともいえない幸福感。
「いま、宇宙で聴きたい音楽」という表現にも十分納得です。
番組に使われているものか、初耳曲も完璧で、期待大だな。
本当に素晴らしい仕事をしてくれたと、依頼側も含めて敬意を表したい。
(けどMCは相変わらずで、変なおじさんでした。)

「暗やみの色」は、世界一の星空の下<見えないもの>をテーマにした
詩:谷川俊太郎  音楽:rei harakami  ナレーション:原田郁子(クラムボン)
というスペシャルメンバーでお送りする新コンテンツ。
一年間の上映予定らしい。観たい観たい観たい。
どんな人が行っても、きっと楽しいと思う。
行って感想を聞かせて下さい。

最後に、チケットをプレゼントしてくれた奥さんと
仲介してくれたあるふぉんすさんに深謝。ありがとう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

あと半月

やっぱりあっという間に秋は終わって
さつまいもを揚げたりりんごを煮たり
雪になりきれないみぞれに
自分を重ねたりしながら
あぁ
もうじき平成18年。


くるりのライブで腰が砕けたり (Tonight Is The Nightが大好き)
高円寺でレコ屋をふらふらしたり (この街は変で可笑しい)
イサムノグチ展で圧倒されたり (北海道に行かなければ)
横浜トリエンナーレで遊んだり (18日までの笑えるサーカス)
バウスシアターの爆音レイトショーでしびれたり (ストラマー…)

気分転換と称して楽しんでいる自分を責め続けていたけど
昨日を持ちまして、無事卒論が終わりましたよ
やっと全てから開放されるのじゃ。
再提出にならなければね。

明日提出したら
立て続けに曽我部恵一バンドとレイハラカミ。
音楽の神様からごほうびです。
一人でニヤニヤしてきます。

そこで みなさんにお願いが……
末端冷え性の有効的な対処法を教えて下さい。
あったかくして、うがいして、元気でいて下さい。
そして時間が出来たらわたしとも遊んで下さい。

前後の関係全くなし ではでは。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »