« toddle,sokabe,rei harakami | トップページ | 運転できます »

2006年1月14日 (土)

時間の終わりに髭がくるり

kannensugimoto杉本博司 シリーズ回顧展 
「時間の終わり」@森美術館
(写真は概念の形シリーズの展示会場と
ジオラマシリーズ<シロクマ>。実は剥製。)

職人であると同時に芸術家でありたい
という彼の写真の数々はまさに職人の芸術作品。
写真から、というよりは被写体からオーラがにじみ出てる感じで、
全く無駄がなく、とても静かで、美しくて、深く記憶に残ります。
写真のことよく分からないけど、とにかく圧倒されました。

お気に入りは
いろんな土地と時間帯に地上から水平線を撮った海景シリーズ、
(能の舞台を前に、高音と重低音が響く薄暗い空間でそれを観る)
20世紀の代表的な建築をピンボケで撮った建築シリーズ、
(彼いわく、そういう建物はカメラを通しても溶けずに残る)
曲線が美しい数学的形体を自然光だけで撮った概念の形シリーズ。
(ただただ美しい光と影のコントラストが、展示によってさらに映える)

ほかにも度肝を抜かれる面白い作品がいっぱい。
空間演出も本人が手がけ、会場そのものが一つの作品のよう。
うーん。大満足。素晴らしい展覧会でした。
北海道に続いて、香川に行かなければ。


qrl

同日にくるり@武道館。 
チケット合戦にあっさり負けたけど
またおこぼれで返り咲きました。ありがとう・・・・・・
前回の武道館はうなじを愛でる角度からでしたが、
今回は2階から煙が出るくらい見つめときました。

写真が東京のジャケなのは、大好きな尼崎の魚をやってくれたから。
かっこよくなった虹も、アンコールでは東京も街も聴けて良かった。
tonight〜はすてきだったけどZEPPよりあっさりでちょっと残念。
でも、本人たちも言うくらいあっという間の2時間半(?)で、
ARMYの時のもやとレーザー使いが幻想的でした。
これだけ見させてもらうと、欲張りなもので、
また小さい場所で彼らを見たいです。
お客さんがMCにすぐ返事しちゃうような。


hige

で、です。念願の初ライブ@渋谷クアトロ。
「髭は赤、ベートーヴェンは黒」って。
このジャケを見て、名前見て、試聴して、
誰が好きにならずにいられましょうか。
私はおちました。


ライブもとても良いバンドで、すごく楽しかった。
ロックンロールバンドに、あのボーカルは最強。
不思議ちゃんで、盛り上げ上手で、演出もMCも小粋。
サービス精神が良すぎて怒涛の3回アンコール、
最後はや(れ)る曲がなくてトレイントレインでした。
音が大きくて気持ちよかったな。また見たい。

+正月のいわき帰省でゆっくりさせてもらって、充実の年明けでした。
学生だから出来ることなんだろうと想像する。さいごか。
では、これから短期でマニュアル免許を取りに行ってきます。
遅ればせながら、今年もよろしくお願い致します。

|

« toddle,sokabe,rei harakami | トップページ | 運転できます »

コメント

髭のTRAIN TRAIN全く想像がつかない。
おれも写真よくわかんない。
でも写真撮るだけなんだけどいい作品撮るのってすごく難しそう。

投稿: しん5 | 2006年1月27日 (金) 11時16分

なおちゃん!お久しぶりです^^
先程はわたしの日記にコメントをくださって、
本当にどうも有難うございました。嬉しかったです。

只今免許取得中なのですか?><知らなかったよー
しかもマニュアル!すっげえええええ
調子はいかがでしょうか?

なおちゃんに逢いたいよおおお><><

投稿: ふーみん | 2006年1月27日 (金) 22時30分

しん5さま
髭トレインは想像以上だと思います。良かった。
写真見て感じたことを伝えようとするといつも失敗。
「写真分からない」で済ませたくないのに。ねー。
これからもいい作品見て勉強したいです。

ふーみんさま
書き込みありがとう。
更新日記通り、無事に習得しました。
私もふーみんに会いたい、CDコレクション聴かせて!

投稿: あかいけ | 2006年2月16日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101439/8149299

この記事へのトラックバック一覧です: 時間の終わりに髭がくるり:

« toddle,sokabe,rei harakami | トップページ | 運転できます »