« 旧銀座アパートメント | トップページ | JEFF HANSON »

2006年2月25日 (土)

茨木のり子

彼女を知ったのはまだ3、4年前の話。
新聞の詩のコーナーで紹介された「六月」を読んだ時。
何回も読み返してしまったのを覚えてる。
彼女の美しく整った日本語と感性は、
詩に力を与え、人に影響を与える。
言葉とはこんなにも力を持つものかと驚嘆する。

「自分の感受性くらい」も、多くの人に影響を与えた詩だろう。
例に漏れず、私も大きな衝撃を受けた人の一人である。
よく、叱られたような・・・と表現する人がいるけれど、
怒られると言うよりは、丁寧に諭されて、最後に呼ばれたような。
私は、自分の弱さと不甲斐無さをたたきつけられて、
守って、育てるべき感受性を見つめなおした。
奮い立った気持ちに恥じない生き方をしたいと思った。

そんな情熱も忘れかけていた、ちょうど区切りの時期。
2月20日に茨木のり子さんが亡くなったという。
同じ西東京市で、一人で暮らしていらしたと。
奇しくも、彼女の訃報を知らせたのもまた、新聞だった。
彼女と、その言葉のように、凛とした人になりたい。
この詩の強さとあの気持ちを思い出す。
心よりご冥福お祈りいたします。


ぱさぱさに乾いていく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
何もかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ   
        
    「自分の感受性くらい」 茨木のり子 

|

« 旧銀座アパートメント | トップページ | JEFF HANSON »

コメント

私も影響を受けた、その一人です。
訃報を知らせる記事で、同じ市民だったことを知りました。
ご冥福をお祈りします。

投稿: ぞの | 2006年2月25日 (土) 16時37分

yoi si daze!

投稿: にくきゅう | 2006年2月26日 (日) 17時58分

茨城のりこさんが主催していた雑誌から、Gの好きな詩人が何人も出てます。彼女の詩もGは好きでした。訃報記事で、ショックを受けた一人です。

投稿: G | 2006年2月27日 (月) 11時43分

茨木さんのその詩は、確か中学の頃教科書で学んだよ。
なおちゃんと同じく、強烈なインパクトを受けたのを覚えております。
>怒られると言うよりは、丁寧に諭されて、最後に呼ばれたような。
全く同感です。
『わたしが一番きれいだったとき』だったかな?この詩も個人的に好きです。

関係ないけど、例のCDの件、また後日でもいいですか??(;^ω^)ごめ。。

投稿: ふーみん | 2006年2月28日 (火) 01時03分

ぞのちゃん
寂しい最期だったようで、胸が痛みます
みんなが彼女の詩を読み返しただろうね

にくきゅうー
noukan ga shibireru ze!

Gさま
谷川俊太郎さんなどとも交友が深かったそうですね
私は溜まった新聞を流し読みしててこの日に記事を見つけました。
そのままにしないで良かった

ふーみん
わたしが~の詩は、悲しくなってしまう。
最後の一節が救いになっててすてきだけどね
時間が出来て気が向いたら連絡下さいな。


投稿: あかいけ | 2006年3月 1日 (水) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101439/8820431

この記事へのトラックバック一覧です: 茨木のり子:

« 旧銀座アパートメント | トップページ | JEFF HANSON »