2006年1月14日 (土)

時間の終わりに髭がくるり

kannensugimoto杉本博司 シリーズ回顧展 
「時間の終わり」@森美術館
(写真は概念の形シリーズの展示会場と
ジオラマシリーズ<シロクマ>。実は剥製。)

職人であると同時に芸術家でありたい
という彼の写真の数々はまさに職人の芸術作品。
写真から、というよりは被写体からオーラがにじみ出てる感じで、
全く無駄がなく、とても静かで、美しくて、深く記憶に残ります。
写真のことよく分からないけど、とにかく圧倒されました。

お気に入りは
いろんな土地と時間帯に地上から水平線を撮った海景シリーズ、
(能の舞台を前に、高音と重低音が響く薄暗い空間でそれを観る)
20世紀の代表的な建築をピンボケで撮った建築シリーズ、
(彼いわく、そういう建物はカメラを通しても溶けずに残る)
曲線が美しい数学的形体を自然光だけで撮った概念の形シリーズ。
(ただただ美しい光と影のコントラストが、展示によってさらに映える)

ほかにも度肝を抜かれる面白い作品がいっぱい。
空間演出も本人が手がけ、会場そのものが一つの作品のよう。
うーん。大満足。素晴らしい展覧会でした。
北海道に続いて、香川に行かなければ。


qrl

同日にくるり@武道館。 
チケット合戦にあっさり負けたけど
またおこぼれで返り咲きました。ありがとう・・・・・・
前回の武道館はうなじを愛でる角度からでしたが、
今回は2階から煙が出るくらい見つめときました。

写真が東京のジャケなのは、大好きな尼崎の魚をやってくれたから。
かっこよくなった虹も、アンコールでは東京も街も聴けて良かった。
tonight〜はすてきだったけどZEPPよりあっさりでちょっと残念。
でも、本人たちも言うくらいあっという間の2時間半(?)で、
ARMYの時のもやとレーザー使いが幻想的でした。
これだけ見させてもらうと、欲張りなもので、
また小さい場所で彼らを見たいです。
お客さんがMCにすぐ返事しちゃうような。


hige

で、です。念願の初ライブ@渋谷クアトロ。
「髭は赤、ベートーヴェンは黒」って。
このジャケを見て、名前見て、試聴して、
誰が好きにならずにいられましょうか。
私はおちました。


ライブもとても良いバンドで、すごく楽しかった。
ロックンロールバンドに、あのボーカルは最強。
不思議ちゃんで、盛り上げ上手で、演出もMCも小粋。
サービス精神が良すぎて怒涛の3回アンコール、
最後はや(れ)る曲がなくてトレイントレインでした。
音が大きくて気持ちよかったな。また見たい。

+正月のいわき帰省でゆっくりさせてもらって、充実の年明けでした。
学生だから出来ることなんだろうと想像する。さいごか。
では、これから短期でマニュアル免許を取りに行ってきます。
遅ればせながら、今年もよろしくお願い致します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

toddle,sokabe,rei harakami

一足早いクリスマスプレゼントみたいな、ただライブ2連発。

幸運にも当選した公開録音、ライブビートのtoddleと曽我部恵一バンド@渋谷と
奇跡的にチケットを譲って頂いたレイハラカミライブ日本科学未来館

曽我部さんの生声が聞ける〜と思ってはがき出しただけなのに。
出てくるまで全く意識してなかった対バンにはびっくりした。
ひさ子ちゃんのバンドだったんだ。toddle。
田渕ひさ子が、目の前で、遠くを見つめて、ギター弾きながら歌ってた。
仰け反って揺さぶってかき鳴らして、それでも表情は変えず、変わらず。
違和感すら感じるその演奏姿に、惚れ惚れしてしまった。かっこよいね。
音はせつな系の美メロに轟音ギターでガシガシしてるのに
歌声は透明でかわいい感じ、はもりもきれいですてきだった。
セットが壊れてる間はさらに似つかず激ゆるトーク。
(いろんなギャップが魅力的な、仲良しバンドでした。)

曽我部恵一バンドはなんだかんだで2時間近く演奏した。
輝く笑顔で、でも太り気味、黒トレーナー、無精ひげの彼。
出てきた瞬間、元気が有り余った犯罪者みたいと感じた後は(ごめんなさい)
そのイメージが演奏中何度も浮かんでは消えた(怪しげな歌もあって尚更)。
でもやっぱり、この人の心地よい声が好きです。ほっとするのよね。
こちらは演奏するのがたまらなく好き、楽しいって雰囲気を
全員が前面に押し出して、観ている方も幸せになった。
目の前のベース(大塚さん)がすてきだった。
(動き回って、ふざけあって、コール&レスポンスしまくって、
サービス精神満点なバンドでした。)

ハラカミさんのは、世界一のプラネタリウム(MEGASTAR-2
で上映される番組「暗やみの色」の公開記念ライブだった。彼、音楽担当(!)。
プレミア上映は観られなかったけど、プレミアライブを観てきたよ。
暗がりで液晶の地球が回転する、その中で聞く彼の電子音楽。
半透明な優しい色が身体を包み込んで、何ともいえない幸福感。
「いま、宇宙で聴きたい音楽」という表現にも十分納得です。
番組に使われているものか、初耳曲も完璧で、期待大だな。
本当に素晴らしい仕事をしてくれたと、依頼側も含めて敬意を表したい。
(けどMCは相変わらずで、変なおじさんでした。)

「暗やみの色」は、世界一の星空の下<見えないもの>をテーマにした
詩:谷川俊太郎  音楽:rei harakami  ナレーション:原田郁子(クラムボン)
というスペシャルメンバーでお送りする新コンテンツ。
一年間の上映予定らしい。観たい観たい観たい。
どんな人が行っても、きっと楽しいと思う。
行って感想を聞かせて下さい。

最後に、チケットをプレゼントしてくれた奥さんと
仲介してくれたあるふぉんすさんに深謝。ありがとう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月31日 (月)

ハースペ・ファーリーズ・モーサム

街行く人の洋服(の素材)が気になる秋の日々、
みなさん、いかがおすごしですか。
都会の少ない自然は変化に乏しいから淋しい。
秋なのに自然の色や匂いが大して増えていかないから
あっという間に冬になってしまう、気がする。
今日で10月も終わりか……。

そんな東京の秋を満喫したい!
鬱々した日常から抜け出したい!
そんな気持ちも込めて、10月はちょこちょこ生演奏を観に行った。

Her space holiday & The American Analog Set
&recordsというレーベルの2組による来日公演。
キラキラポップ&ヒップホップのハースペ、5人組熟練ポップバンドのアメリカン。
CDとはまた違う聞かせ方で両方ともすごく気持ち良かった! ずっとゆらゆら。
で、二人以上にこの& recordsがおすすめ。
ここから出てる音楽は、どれもこれも耳と心に優しい。
寝る時も、昼下がりも、へこんだ時もBGMになる。(していた。)
癒されたい人はここでいろいろ試聴してみてー。
オーガニックエレクトロ?のCLUE TO CALOも好き。

SUPER FURRY ANIMALS
イギリスはウェールズの大物奇天烈バンドの来日公演。
オープニング映像(ロッキーBGM)から観客をぐいぐい引き込み、
完璧な演奏と歌、見事なハーモニーと随所に練りこまれた遊び心で悩殺。
あまりSFAに詳しくないまま行ったけど、完全に好きになってしまった。
素晴らしいアーティスト。ライブでその真髄を見たぜ。

MO'SOME TONEBENDER
ニッポン放送、HEIWA REAL BEATの公開録音ライブ。
招待チケットのおこぼれのおこぼれに与る。なんてこと!!
初めて生で見て、聞いて、しびれまくった。身体も脳も耳も。
九州男児の男気と爆音にやられて、終演後は放心状態。
生で聞いたペチカは感動的で、やはり名曲だった。
ちなみにこのライブで百々ファンから武井ラブに転身。

見事に趣味バラバラなライブを存分に楽しんだから、11月も頑張ろ。
季節の変わり目、皆様風邪にはお気をつけ下さいませ。それでは!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

hana-uta fes.

歌手:ハナレグミ  (愛しの永積タカシが)
場所:小金井公園 (チャリで15分のとこで)
料金:ただ      (フリーライブ)

これが hana-uta festival
こんなことってあるんだねぇ。。音楽の神様ありがとう。
幸せをかみ締めながら、奇跡みたいなライブを満喫してきたよ。

しかも何がすごいって参加アーティスト! 豪華すぎて笑っちゃう。
原田郁子・坂田学・高田漣・鈴木惣一郎・asa-changなどなど……
こんなの、フリーライブでいっぺんに観られるメンツじゃない!!!
けど、これも仲間同士が集まっただけなんだから、すごい人脈。人徳。
まるで日常会話の延長みたいな演奏とコーラスが素晴らしかった。

その中で歌う彼も、ものすごく楽しんでて、気持ち良さそう。
高揚したテンションやプラスの感情がびしびし伝わってきて嬉しくなる。
全身で表現する、というか、全身から想いを発散させる、というか。
しかもそれがしっかり相手に届く。伝える力がとても強い。
うまく言えないけど、ものすごい才能だと思う。

最後の弾き語りなんて、もう、動けなかったし。
声に抱きしめられるような、夢心地の錯覚。
どこまでも響いて、しっかり言葉を届ける歌声が、
森に反響しながら心の中でじんわり溶ける。
しびれた……。彼は天性の歌い手ですね。

***

て日記をまたアップし忘れてた。遅れたけど、やっぱり載せときます。
台風が近づいて、雨が降ったり止んだりの24日の出来事でした。

スーパーバタードッグの復活を心待ちにしつつ、
やっぱりベストアルバムが欲しくなってしまった。
永積さんみたいな男の子がいっぱいいたなぁ。 ほわん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

sigur ros

B000A7TFD6

死んだ人間が行き着く幸せな場所があるとして、
私はそこで、この音楽を選んで聞いている気がする。

溢れかえった幸福感や、まぶしすぎる希望の光に包まれて、
圧倒的な美しさに脳が揺れる。涙腺が緩む。
美しく幻想的な理想郷にこそふさわしいと思う。


sigur ros / Takk...
私にフジロック行きを決意させたアイスランドの4人組バンド
愛するシガーロスの4thアルバムを、激しく愛聴中。
前調べが足りず、先発の日本盤を買ってしまったけど、
雰囲気の変わった今作は賛否両論あるみたいだけど、
そんなのどうだって良くなる傑作。素晴らしい。
現時点で手中にある幸せだけに意識を集中させて、
今はこの音にだけ溺れていたい。

コップに入った炭酸水の泡が、勢いよく昇って、そして弾けるように、
私のからだの中で発泡した音がじわじわ全身に広がっていく感覚、
音と一緒にからだがゆっくり上昇していくような感覚の心地良さは
言葉では表現しきれない。
浄化されていく感じがした。
私の体にたまった毒素もどんどん浄化していって欲しい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

FUJI ROCK FESTIVAL

21年生きてきて、今までで一番忘れたくない3日間だった。

大げさに聞こえるけど、実際大げさだけど、決してそうとも言い切れない。
7月29(金)30(土)31(日)、中学の時 初めてくるりの東京を聴いてから
憧れ続けてきた富士のロック祭りに、とうとう私も行ってきた。

お祭りを彩るアーティスト陣は こちら
愛するシガーロスとくるりが、新潟の山の中で、同じ日に
観られる日が来るなんて、思ってもみなかった。
右も左も分からない貧乏学生は、高いオフィシャルツアーの
一番格安なプランを選んで、強行スケジュールで飛び込んだ。

素晴らしい音楽とそれを愛する人たちと美味しい食べ物が、
文字通り、世界中から集まって、共有しあう幸せ。
私は、「今、ここに全てがある」と思った。
「これが全てだったらいいのに」と思ってしまった。

自然の持つ力に圧倒された3日間でもあった。
森も、川も、空気も、次々と変わっていく天候も。
3日間ともいろんな表情の雨が降っては止んだけど、
それは私たちを強くしたし、いろんなことを考えさせてくれた。
自然は、本当に偉大だ。

日常で同じ趣味の人を見つけるのはとても難しいことだけど、
あの場所では、少なくとも同じステージを楽しんだ人は、
みんな同じスタンスで音楽に向き合っていたように思う。
私たちは、音を浴びながらずっと笑っていたし、ノリ続けていた。
(若干笑いすぎ&踊りすぎ&叫びすぎていた人間ですが。)
不特定多数の音楽好きの、あの不思議な一体感は心地が良い。
「楽しい」と「気持ち良い」と「幸せ」で感情が一気に高揚していくのが分かる。
音楽も、十分に偉大だ。

つまりは。
FUJI ROCKが偉大であるということかもしれない。
「フジのために来年の夏までまたがんばる」
「来年のフジまであと360日以上あるのか・・・」
って真剣に言う人の気持ちが分かってしまったみたい。
これからもっともっとそういう人間と出会いたいと思った。

音楽好きの皆さん、いつか夏の苗場でお会いしましょう。

***

3日間の詳細も順に書きあげようと思います。
興味があったら当日分の日記をまたのぞきに来て下さいな。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年7月31日 (日)

FUJI 3日目

31日タイムテーブルと一緒にお楽しみ下さい)

○あふりらんぽ (最後数曲)
○sanch (立ち寄り見)
○The Go! Team (FULL)
○SOUL FLOWER UNION (FULL)
○くるり (FULL)
○Royksopp (FULL)
○The Coral (FULL)
○Sigur Ros (FULL)

●民宿の朝食
●なすしょうが丼&ビビンバ丼
●ハイネケンビール&カルアミルク
●ハーブチキン&ポテト
●フランスカスタードケーキ
●ドイツビール
●フレッシュマンゴージュース
●台湾ラーメン

最終日にしてこの充実ぶり。全部良かった!!
その中でもソウルフラワーが素晴らしかった。ベストはこれかも。
ステージも、観客も、一番笑って一番踊ってた。
会場の温度が上がったのが分かった。
こんなの他にない。祭りそのものだった。

くるりも良かった。新曲&青い空。何より岸田さんが幸せそうで。

ロイクソップも、観客の反応がとても良かった(早かった)。
一瞬にして全体がアガるから、大声出して、踊り続けて、
あっという間に終わってしまった。楽しかった。

コーラルも、ライブがとてもうまい素晴らしいバンドだった。
秋に単独があるらしくて、是非とも観に行きたい。

そして全ての締めくくりがシガーロス。幸せ。
白い幕と光による影の演出がなんとも小粋。
始まる前に雨も上がって、祝福されているような気分で聞く
シガーロスの音楽は、何だかとても感動的だった。

最後の晩餐(台湾ラーメン)も、ほんと食べて良かった。
タイラーメンに負けないくらいおいしかったし、それを捨てに行ったら
ゴミ箱の横にくるりの達身とマ・佐藤とクラムボンのミトくんがいて、
握手してもらえましたよ。ふふ。みんなもシガーロスか。
(きっとそのとき岸田さんはニューオーダーだった。)

25時の夜行バスに乗るためプライマルは観られなかったけど、
ものすごく満たされていた。3日間とは思えない高濃度な日々。
バスに揺られながらあっと言う間に眠りに落ちていって、
次起きたら5時、新宿だった。お祭りが終わってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月30日 (土)

FUJI 2日目

30日タイムテーブルと一緒にお楽しみ下さい)

○100s (ラスト3曲)
○Kaiser Chiefs (MTV公開録音2曲)
○Asian Dub Foundation (前半)
○クラムボン (はなればなれと数曲)
○Beck (FULL)
○Fatboy Slim (FULL)

●民宿の朝ごはん
●パエリア (ワールドレストランはおいしいものがいっぱい)
●エジプト風フルーツパフェ (というかヨーグルト。美味。)
●ビーフケバブ 
●マンゴービール

この日は大雨で、多分いろんな人の予定が狂った。
池ちゃんを最初から見られなかったのはとても残念。
でも、1.5倍ほど膨張したアフロを拝めて少しは満足。

通りすがり観たKaiser Chiefsのアコライブも良かったし、
思わずいい場所を取れたADFも、おそろしくかっこ良かった。

観たいのはあったが、この日は最初からBeckに焦点を
合わせていたので、他の予定狂いは気にしない。ことにした。
Beckの最高のライブを観れて大満足だった。
晩餐会が演奏会に自然に移り変わっていくとこなんか、衝撃。

ファットボーイは、自然すら味方に付けていた(?)。
盛り上がっていくのと同時にどんどん雨が酷くなり、
中盤、それは雷雨に変わって、音もかなり近づいてきた。
天然の光と音の演出にますますテンションが上がる。
怖いながらにわくわくして、不思議な高揚感だった。
そして終盤に向けて雷は遠ざかり、雨も弱まっていった。

もう、そんじょそこらの雨には動じないよ。
これからは雨の日に傘なんてさしてられないぜ。(これはうそ。)

こんなにずっと雨に打たれっぱなしで、
ずっと笑顔だった日は今までにないと思う。

ほんとはTRIBAL CIRCUSも観たい人だらけだったんだけど、
ここは我慢して休む。最終日に、最後まで元気でいられるように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月29日 (金)

FUJI 1日目

29日タイムテーブルと一緒にお楽しみ下さい)

○bobin and the mantra (最後数曲)
○ポカスカジャン・バンバンバザール (横目でちらり)
○風味堂 (BGM)
○TOKYO NO.1 SOUL SET (FULL)
○THE HIGH-LOWS (3曲)
○Prefuse 73 (後半)
○DOUBLE FAMOUS 7 (FULL)
○ROVO (FULL)
○RYUKYUDISKO (FULL)
○TAKKYU ISHINO (FULL)

●台湾冷麺&タイラーメン
●スムージー(アセロラミルクハニー)
●ホットチャイ
●キャベトマ味噌丼&冷や汁
●マンゴーラム
●ヘンプビール

昔から聞いてたのに最近好きになったソウルセットを生で聞いて喜んだ。
(良い意味で)少し前の時代の音楽はとても気持ちいい。

prefuseはかっこよすぎた。ヒップホップでもあれなら大好きだ。
DFもROVOもとても気持ちが良かった。良すぎて眠くなった。

琉球ディスコは本当に楽しかった。一人で踊り続けた。
オールナイトフジは光の演出が素晴らしかった。
(UKAWA NAOHIROのVJはすごい。)

うわさ通り、サワディーのタイラーメンがとても美味しかった。
あれは何度も食べたくなる(そして必ず食べてしまう)。

マンゴーラムも大当たり。少なかったけど、おぉってなった。
ので、すぐに家でもやってみた。ストレートマンゴージュースで。
何度もお代わりを作ってしまった。はぁ。おいしかった。

この日の朝苗場に着いたとは思えない内容の濃さだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月28日 (木)

苗場行き

全く更新されないブログ「本日の嗜好品」ですが、
管理人は、ワクワクやムフフを見つけるのが
(自分で言うけど)とても上手な人間なので、
毎日、何かしら、いろいろ、楽しんでます。

そんな私が
傍から見てもあからさまに、最近ずっと
ウキウキしてニヤニヤしてフワフワしていたのは、
もちろん、あのお祭りが近づいてるからです。よ。
今日また夜が来たら、もうあの場所に向かって走る
高速バスに乗ってます。準備は出来ました。

その前に、昼間からスーツで説明会があるけど、
それすら「日にちがかぶらなかっただけラッキー」って
笑顔で話を聞いて来られそう(ほんとは行きたくないけど)。

新潟は苗場 夏のスキー場で
夜通し鳴り続ける音楽と自然のお祭り

とにかく3日間楽しみ尽くしてこようと思います。
いろんな人とハプニング(良い方)に出会えるといいなぁ。
待ってろ~雨かもしれないFUJI ROCK FESTIVAL!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おすすめ | アート  | ニュース | 地域 | 料理 | 日記 | 映画 | 漫画 | 短歌 | 音楽 | 食楽